お耳の飾り毛が美しいです

トリミング写真のご紹介です。

パピヨンのちゃこちゃんです。

パピヨンさんらしい美しいお耳の飾り毛がチャームポイントです。

元気いっぱいの女の子で、だっこされるときはぴょんっと腕の中に飛び込んで来てくれます。

15歳と4カ月と高齢になるちゃこちゃん、以前に「トリミングは何歳まで引き受けてもらえますか?」とお母様がご心配そうにトリマーにお尋ねになられたことがございました。

当院では持病のある子や高齢の子は、トリミング前に必ず獣医師の診察をさせていただいております。

必要ならば定期的な検査を行い、全身状態を把握したうえで獣医師が問題ないと判断すれば年齢制限等なくトリミングをお受けすることができます。

 

 

病気一つしたことがない元気自慢の子でも、高齢になって獣医師の診察や検査で初めてわかる病気も少なくはありません。

「そういえば最近咳をし始めたような、、、」

「言われてみれば急にお水をたくさん飲むようになったような、、、」

そんないつもの生活の中であまり気にしていなかった症状に、実は病気のサインが隠れていたということがあります。

また、トリミングはわんちゃんにとっては体力を消耗するイベントでもあります。

このため、若い頃に比べて体力が落ちてくる高齢の子は病気の兆候に気付かぬままトリミングを進めてしまうと、体に思わぬ負担をかけてしまう可能性もあるため、必ず獣医師の診察を挟むようにしております。

ときには獣医師の判断のもとトリミングを中止させていただくこともありますが、なにがその子にとってより良い選択なのかということを飼い主様と一緒に考えていけたらと思います。

トリミング中に予期せぬ事態が極力起こらないよう、安全に高齢の子のトリミングを進められるよう獣医師、トリマー一丸となって取り組んでいきます。

 

 

 

 

当院のトリミングは当院にて定期的に診察や予防などをさせて頂いている方へのサービスとなっております。

痒みや、フケなど気になる症状がございましたらお気軽にご相談ください。

このページをシェアする