ワンちゃんの「夏バテ」

今日は梅雨入り前の気持ち良い天気でした。これからの時期に多いワンちゃんの「夏バテ」についてお話しします。
ここ数日、多くの中年齢以上のワンちゃんがお腹を壊したり、吐いたりして来院されています。若い時と違って急激な気温の変化についてず、体調不良を起こしてしまいます。いわゆる夏バテです。初めは食欲が少なくなったり、何となく元気がないといった症状です。次に便にゼリー状の粘膜が着く、軟便になり最後は下痢になります。嘔吐するときもあります。このような症状では早めの受診をお勧めします。
いつも診察の時に飼い主様にエアコンの設定温度をお尋ねするのですが、「まだつけていない」「26度くらい」という飼い主様が多くいらっしゃいます。ワンちゃんは元来暑さに弱い動物です。人と違い汗腺が足の裏にしかないため、発汗することにより熱を逃がすことが出来ず、呼吸をすることにより熱を下げようとします。冷たい空気を吸って体内の熱くなった空気と交換することで、血液の温度を冷まし体温を下げるのです。しかし、換気が悪く蒸し暑い空気の中では、十分に体温を下げることができません。特に短頭種や肥満気味のワンちゃんは体に熱がこもりやすいです。室内で安静にしている時に口を開けて「ハァハァ」と呼吸していたら暑いと判断してください。
晴れの日はエアコンの設定は22℃くらいが良いと思います。実際の室温は24℃、湿度は50パーセント以下が理想だと思います。犬種や年齢、体格によっても異なりますが、人が肌寒く感じるくらいがワンちゃんにはちょうど良いと思います。

 

横須賀 つだ動物病院 津田航

このページをシェアする