橈尺骨骨折の治癒過程

小型犬の前足(橈骨尺骨)の骨折が増えています。多くは1歳未満で体重が2~3Kgしかありません。抱えていて落としたり、ソファから飛び降りたりすることで折れてしまいます。

一昔前はマルチーズやシー・ズーなど『足が太く短い』犬種に人気がありましたが、近年、トイ・プードルやチワワ、ポメラニアンなどの『足が細く長い』犬種の人気が高まってきたのも一つの要因と思われます。

2~3kgの超小型犬の橈骨の幅は約5㎜程しかありません。一般的にインプラントを使用した骨折治療では骨幅の30パーセント程度の太さのスクリューが望ましいとされています。このような場合1.5mmのスクリューとプレートの選択が必要になります。

当院では整復固定に LCPシステム Locking Compression Plate(SYNTHES社製)を使用しています。
従来のものと比較して強固な固定が可能です。スクリューとプレートを固定する特殊な構造により骨折部位を固定する新しいプレートシステムです。
今までのプレートはスクリューでプレートを骨に圧迫する力によって固定性を得ていました。LCPはロッキングスクリューとプレートの角度安定性により骨折部を固定するのでプレートを骨に圧迫させる必要がありません。またプレートの裏側はプレートと骨の接触面積を減らす設計がされています。よって骨癒合に必要なプレート下の骨膜栄養血管が障害されにくくスムーズな骨治癒が期待されます。また正確なベンディングを施さなくても整復位を維持したまま固定ができ、麻酔時間の短縮や組織の温存につながり大きな利点となります。

下の写真は生後7か月齢2.2kgポメラニアンの骨折から治癒までの経過写真です。

橈尺骨骨折ではプレートの影響で骨が痩せてきてしまうことがあるので、徐々にインプラントを取り除いていきます。一番下から
骨折時のレントゲン→骨折時のCTスキャン3D像→手術時→術後3か月スクリュー抜去→術後6か月プレート除去→術後7か月の写真です。時間の経過とともにリモデリング(再構築)する骨の様子がお解りになると思います。

 

横須賀 つだ動物病院 津田航

 

 

 

 

 

 

このページをシェアする