犬と健康

犬を飼うと飼い主の寿命が十年延びるという説があるようです。犬が飼い主へもたらす影響は数多く存在します。まず健康面への影響として挙げられることは、犬の散歩による効果です。犬は朝と晩、1日2回の散歩が必要とされています。散歩の距離や時間は犬種によって異なりますが、一般的には1回30分ほどの散歩が望ましいです。

歩くことは健康へとつながり、ウォーキングを習慣としている人も少なくありません。しかし1人のウォーキングは長続きしないという場合でも、愛犬と一緒なら飽きずに楽しく歩くことも可能です。また朝の散歩を行うために、早起きをすることも健康へつながります。毎日の散歩は愛犬の健康 病気を左右することにもなり、愛犬の健康を願うのなら散歩を欠かすことはできません。飼い主が早寝早起きの規則正しい生活を送り、健康を手に入れると同時に、愛犬の健康状態も良好になるといえます。
さらに、愛犬との散歩は体の健康だけでなく、メンタルの健康にもつながると考えられます。現代人は多大なストレスを感じながら生きているといっても過言ではなく、ストレスによってメンタルは蝕まれていきます。疲れて家へ帰って来た時に愛犬が出迎えてくれたり尾を振って喜んでくれたり、愛犬のその姿を見るだけで心は癒されます。そして愛犬と触れ合うことで、ストレスは解消されていくのです。
犬は人のおよそ5倍の速さで年を取っていきます。一緒に散歩しているときに気づいた細かい変化をそのままにしないで早めの受診をお勧めいたします。

このページをシェアする