肛門腺の定期的なチェックは大切です

柴犬のTちゃん、お尻周りを気にすると、先日のトリミングの際に飼い主さまからお話がありました。アレルギーがあるので、そのせいでお尻がかゆいのかと思っていた、とのこと。
診察をしてみると、肛門腺がたまっていることがわかりました。
今後は定期的に病院で肛門腺の処置をしていくことになりました。

肛門腺とは

肛門腺(肛門嚢)とは、わんちゃんやねこちゃんの肛門の4時8時の位置に出口のある独特の匂いのある分泌物を出す袋のことを言います。
さらさらなものから、どろどろのものまでそれぞれ特徴が違います。
通常、運動した時やうんちをしたときに分泌されますが、出にくいこのなかには炎症を起こし、最悪の場合、詰まって破裂してしまうこもいます。

定期的にチェックをすることが大切です。

柴犬

このページをシェアする