薬用シャンプーは浸け置きが大切です

トリミング写真のご紹介です。

シーズーの虎太郎くんです。

薬浴中に失礼して一枚パシャリ!

当院ではシャンプーの種類に関わらず二度洗いが基本となっています。

1度目のシャンプーでは被毛、表皮の汚れを落としていきます。

2度目のシャンプーでは1度目で落としきれなかった汚れを落とし、さらにしっかり皮膚にシャンプーが行き渡るよう洗っていきます。

薬用シャンプーの場合は、この時にすぐに洗い流さず、5分から10分の浸け置き時間をとっています。こうすることで薬用成分がしっかり皮膚に浸透していきます。

その間もわんちゃんたちが待ちくたびれないように優しくマッサージしながら過ごしていますが、虎太郎くんは「もうそろそろいいんじゃないですかねぇ。」とでも言いたげなご様子。

浸け置きが終わったらよくすすいであがろうね~。

そして、カットも終わってぴかぴかに仕上がりました虎太郎くんです!

すっきりまんまるのお顔で、お迎えに来てくれたお父さんに抱っこをせがむ姿がとっても可愛かったです。

お父さんも虎太郎くんを見て、重いんだよな~とおっしゃりながらも抱っこするときはニコニコ笑顔。カッコよくなったじゃないか!と褒められて、虎太郎くんもお父さんの腕の中で嬉しそうでした。

次回のトリミングもお待ちしております。

 

 

 

当院のトリミングは当院にて定期的に診察や予防などをさせて頂いている方へのサービスとなっております。

痒みや、フケなど気になる症状がございましたらお気軽にご相談ください。