副腎の病気である”アジソン病”

ミニチュアピンシャーのSちゃん、この1~2週間調子が良くないと来院されました。
食欲もやや落ち気味で、嘔吐と下痢の症状がありました。
点滴とお注射で一度は良化したものの、またすぐに調子が崩れてしまいます。飼い主様と相談させていただき、精密検査をしていくことになりました。

アジソン病とは

検査の結果、Sちゃんは『アジソン病』であることがわかりました。
副腎という臓器の病気で、色々なパターンがあることが分かっています。Sちゃんは比較的稀なケースで、糖質コルチコイドというステロイドホルモンの分泌量が少なくなってしまうタイプでした。
低血糖や低タンパク血症、消化器症状を引き起こします。
症状が落ち着けば2種類のお薬で元気さを維持できるでしょう。

ミニチュアピンジャー

このページをシェアする