小型犬種に発症が多い膝蓋骨の内方脱臼

今日は、プードルのBちゃんの膝の手術がありました。

ぎこちない歩き方

飼い主さまは、1年ほど前からBちゃんの歩き方がぎこちないことが気になっていたようです。
触診、レントゲン検査をしてみると、膝蓋骨の内方脱臼が見つかりました。
膝の違和感、痛みから歩き方に異常が出ていたようです。
まだまだしかっりと体重をかけることは出来ませんが、少しずつ足を地面に着けるようになってきました。これからは、足を使う練習を始めていきます。

小型犬種に発症が多いです

膝蓋骨とは、いわゆる「膝のお皿の骨」のことです。この骨が脱臼してしまうことがあります。
プードル、ポメラニアン、ヨークシャーテリア、柴犬などの小型犬種に発症が多く、初めは違和感程度の症状しか見られないかもしれませんがですが、放っておくと歩けなくなってしまう可能性もあります。
おうちのわんちゃんが、スキップする、足を伸ばす、つま先立ちで歩くなど。、いつもと違った歩き方をしていたら、当院獣医師までご相談ください。

プードル

このページをシェアする