猫のエイズ

最近食欲が減ってきた、と三毛猫のRちゃんが来院しました。

きっかけは口内炎

診察してみると、口内炎を起こしていました。検査をしてみると、Rちゃんはエイズに感染していることがわかりました。
エイズに感染している猫ちゃんの口内炎は、エイズ関連症候群と言われる慢性疾患のひとつです。口内炎は対症療法にて一時的に良化し、食事もとれるようになりましたが、今後病状が進行していくことが予想されるため、注意深く経過を見ていくことになりました。

感染経路は

猫のエイズ(FIV;猫後天性免疫不全症症候群)は、ケンカや交尾、出産時などの体液の接触による感染が確認されています。
Rちゃんも、生活のほとんどは室内ですが時々おうちから脱走してしまうことがあったそうで、その際にケンカ傷と思われる怪我を負って帰ってきたこともあったようです。おそらく、その際に感染してしまったものと考えられます。
猫のエイズウイルスは、一度感染すると治ることはありません。

急性期と無症状キャリア期

感染して初めのうちは無症状で特に目立った変化はありません。ですが、一カ月ほどすると熱が出たり、鼻水をだしたりと急に体調を崩す時期がやってきます。これが『急性期』です。
その後、風邪のような症状も治まり元の体調に戻ります。『無症状キャリア期』と言われる時期です。この時期が2、3年以上続きます。

エイズの発症

しかし、エイズウイルスは再び動き出します。エイズ関連症候群と呼ばれる慢性疾患(口内炎、下痢、鼻水など)の症状が現れます。エイズ発症の前段階の時期です。
最終的には、体内の免疫機構が機能しなくなり、次第に衰弱していき死に至ります。
最近では、猫ちゃんのエイズのワクチンも開発されています。
一度感染してしまうと治ることがないため、何よりも予防が大切です。
当院でも、エイズのワクチンを取り扱っております。詳しくは、当院獣医師までお尋ねください。

三毛猫

このページをシェアする