骨折

当院では最新のインプラント、手術機械を用い骨折の治療を行っております。

犬では大腿骨、橈尺骨、大腿骨、脛骨そして骨盤骨折が多く、猫では大腿骨骨折が多くみられます。

当院では整復固定に LCPシステム Locking Compression Plate(SYNTHES社製)を使用しています。
ロッキング・コンプレッション・プレート(LCP)とは人の骨粗鬆症用に開発されたプレートで、従来のものと比較して強固な固定が可能です。スクリューとプレートを固定する特殊な構造により骨折部位を固定する新しいプレートシステムです。

今までのプレートはスクリューでプレートを骨に圧迫する力によって固定性を得ていました。LCPはロッキングスクリューとプレートの角度安定性により骨折部を固定するのでプレートを骨に圧迫させる必要がありません。またプレートの裏側はプレートと骨の接触面積を減らす設計がされています。
よって骨癒合に必要なプレート下の骨膜栄養血管が障害されにくくスムーズな骨治癒が期待されます。また正確なベンディングを施さなくても整復位を維持したまま固定ができ、麻酔時間の短縮や組織の温存につながり大きな利点となります。

lcp321

 

橈尺骨骨折

近年、ミニチュアプードル・チワワなど小型犬で多く見られる「前足」の手首に近い部分の骨折です。

年齢に関係なく、落下や転倒などでも起こりえることが特徴です。中でも2kg以下の超小型犬の骨折の治療を行う場合には、適切な治療法の選択やインプラントの選択が非常に重要と考えられます。一般に骨折治療では骨径に対して30%程度のスクリューホール径が望ましいと考えられ、超小型犬の場合では骨径が5-6mmの症例も多く存在し、1.5mmのスクリュー、そのスクリューに適したプレートの選択が必要です。

当院では SYNTHES社製 1.5mm LCP(Locking Compression Plate) System を導入しより安全で正確な骨折治療を実現します.

omr2

omt211

 

脛骨骨折

犬猫の脛骨骨折の原因の多くは、落下、交通事故、喧嘩などです。脛骨の周りには軟部組織が少なので開放性の骨折となる事も多くあります。強い力がかかる部位なので強固な固定が求められます。

omm5  omm8

 

大腿骨成長板骨折

レントゲン写真は10か月の猫ちゃんが高いところから飛び降りた後のものです。

この骨折は成長期の子猫に特有の外傷性骨折です。手術後の骨の成長を妨げないようプレートではなくピンを用いて骨折を整復します。

usb111  usb21

 

CTスキャンを用いた骨折診断

従来のレントゲンでは解りにくい骨折もCTを撮影することで立体的に把握することが出来ます。
下の写真は上顎の骨折です。

ser11 ser21

 

横須賀 つだ動物病院 津田 航

このページをシェアする