チョコレートによる中毒

『チョコレートを食べてしまったのですが大丈夫でしょうか?』と電話でお問い合わせがありました。
チョコレートにはテオブロミンという物質が含まれており、ワンちゃん・ネコちゃんがチョコレートを食べるとこれにより中毒を起こすことがあり、興奮・震え・痙攣(けいれん)・昏睡(こんすい)などの症状を起こします。
チョコレート中毒に対する解毒剤はなく、なるべく早く吐かせることが重要です。

このページをシェアする