TPLO

前十字靭帯断裂の手術をTPLOで行いました。

TPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)は1993年にアメリカでDr.Slocumにより考案された犬の前十字靭帯断裂に対する手術法です。

前十字靭帯には脛骨が前方に押し出されないように抑える働きがあります。また内旋も防いでいます。断裂することで大腿骨が脛骨に対し手前に落ちるような形になり歩行困難になります。同時に半月板も損傷し、DJD(変形性骨関節症)に移行してしまいます。脛骨の高平部の角度は通常25°前後ですこの角度を。脛骨の関節に近い部分を円形の特殊なのこぎりで切除し、回転させて専用のプレートで約6°固定にします。そうすることにより脛骨の前方への滑りを抑制します。

前十字靭帯断裂を起こしやすい犬種はゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバー、バーニーズマウンテンドッグなどの大型犬、中型犬ではは柴犬、小型犬ではヨークシャテリアやマルチーズが多いと言われています。

当院では小型犬ではラテラルスーチャー法という膝関節の外側にファイバーワイヤー(整形外科領域の再建術に使用される特殊で強力な縫合糸)を用い関節を固定する方法で手術を行っております。小型犬の前十字靭帯断裂は大型犬と異なり、習慣性の膝蓋骨脱臼が関与しています。ラテラススーチャーと同時に膝蓋骨が収まる溝を深くする滑車溝形成術や脛骨を内方に牽引する縫工筋の移植を併せて行います。

中~大型犬ではTPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)が他の手術と比較して部分断裂や慢性経過をとる変形性関節症に適応でき、骨関節炎の進行が低いといわれています。

下は術前と術後レントゲン写真です。

TPLO311TPLO1111

 

横須賀 つだ動物病院 津田 航

 

 

このページをシェアする