いぼが出来てしまったら

 

 

こんにちは、横須賀市にある「つだ動物病院」院長の津田航です。

 

 

愛犬の身体に、できものが出来てしまったけれど、「いぼ」なら、そのまま自然治癒で大丈夫か?

または糸で縛ったりしても大丈夫か?そんなご相談を受けることがあります。

 

 

できものが、本当に「いぼ」であればほっておいてもいいかもしれません。

しかし中には「いぼ」じゃない可能性があります。

 

 

皮膚がんで一番多いと言われている「肥満細胞腫」などの場合は、色々な形態をしているため、

素人ではとても分かりづらいものになります。

 

「肥満細胞腫」は、犬の皮膚に発生する悪性の腫瘍で、場合によっては

急激に進行する場合もあります。

 

飼い主様が「いぼ」だと思っていても、「肥満細胞腫」という

悪性のガンである可能性もあるのです。

できものや「いぼ」を見つけたらまずは病院で診断することをおすすめします。

 

まずは、そのできものや「いぼ」が肥満細胞腫なのか?

針を刺して検査を行うことで把握することができるのです。

 

 

また、高齢のワンちゃんに多く見られるカリフラワーのような「いぼ」を、

通称「年寄りいぼ」と呼んでいますが、このような「いぼ」は自然に取れたり、

また生えてきたりします。体質で「いぼ」が出来やすい場合もあります。

 

 

検査の結果、「肥満細胞腫」だった場合は、出来物を切除する手術が第一選択になります。

「肥満細胞腫」は放置してしまうと大きくなり、ヒスタミンという物質が放出され、

胃や腸の中の出血など様々な粘膜を攻撃し、血便にもなります。

 

 

皮膚ガンの種類は、「肥満細胞腫」の他にも

「扁平上皮癌」、「悪性黒色腫」、「リンパ腫」などがあります。

 

針生検で判るガンは少ないのですが、「肥満細胞腫」、「リンパ腫」は

針生検で判別しやすい腫瘍です。

 

もし愛犬に、できものやイボを発見した場合は、まずはそれが悪性のものでないか?

早めに検査を行ってください。