横須賀・葉山・逗子エリアの飼い主様へ つだ動物病院です

 

 

こんにちは、横須賀市にある「つだ動物病院」院長の津田航です。

 

今回ホームページを新しくするにあたり、ブログをスタートすることにしました。

当院は横浜線横須賀道路衣笠インターからすぐの場所で、24時間年中無休で診察を行っています。
横須賀市には多くの動物病院がありますが、なかなか夜間診療や24時間いつでも診察している病院を見つけるのは大変です。
そのため、当院には横須賀市の方はもちろん、葉山や逗子にお住まいの飼い主様も多くいらっしゃいます。

当院が年中無休で診察を行う理由。

もちろん、新規の患者さんを増やしたいからというわけではありませんよ(笑)
それは僕が、つだ動物病院を「どんな時でも頼れる病院にしたい」と思っているからです。

人間もそうですが、動物たちの病気に休みはありません。
病院の診察時間外に動物の体調が悪くなることも当然あるでしょう。
飼い主様のなかには、不安な気持ちを抱えながら動物病院が開くのを待った経験のある方も多いと思います。
でも、そんな時に24時間年中無休の動物病院があれば、飼い主様はすごく安心できるのではないでしょうか?

動物のことを最優先に考えた治療をしたい
発作時など急病の際にすばやく診てあげたい

当院の診療時間を24時間年中無休にしたのは、こうした僕のポリシーによるものです。
特に、小さい頃からずっと当院で診てきた動物たちには、こうした想いをより強く感じます。

また当院には様々な最新医療設備がありますが、これも僕がストレスなく診察できるようにした結果です。
治療法は解かっているのに、機器がなくて治療ができないというのは残念です。

当院では、CTをはじめ、各種最新医療設備を整えており、高度医療にも対応しています。
CTは従来診断が難しい病気の早期発見や的確な診断に役立ちますが、備えている動物病院は多くありません。
そのため、近隣の動物病院からCTが必要と思われる患者様のご紹介を受けることもよくあります。

CTとは「エックス線を利用して体の断面図を輪切り状に撮影する」コンピューター断層撮影法という検査です。
通常は見えない細部まで確認することができるため、エコーやレントゲンでは分からなかった病気を見つけることができます。

ただどんなに良い設備があったとしても、動物の体を触ったり、聴診したりといった基本的な診察はとても大切です。

 

以前「お腹にしこりがあるが、CTで見ないと原因は分からない」と他の病院でいわれたワンちゃんを、飼い主様が当院につれて来られました。
ワンちゃんは脱毛がひどく、確かにお腹には大きなふくらみがありましたが、これは明らかにクッシング症候群の症状…

 

クッシング症候群とは、腎臓の近くにある副腎がホルモンの異常によって大きくなってしまう副腎皮質機能亢進症という病気です。

この病気はエコーを見ればすぐに分かりますし、脱毛や腹部がふくらむなど外見的な特徴も数多くあります。
高度な検査機器があることの強みはたくさんありますが、設備だけに頼った診察はせず、しっかりと動物の全身状態に目を向けることが大切です。

ちなみに僕は大学時代、放射線学教室で画像診断を専門的に学んできたので
CTやエコー、レントゲンといった画像診断機器を利用した病気の診断や治療が得意です。

 

 

さて…
なんだか長くなってしまいましたので、初回のブログはこの辺りで締めようと思います。
今後も定期的にアップしていく予定なので、もしよかったら診察の待ち時間などにチェックしてみてください。
ちなみに当院の待合室は室内だけでなく屋外にもあります。病院が苦手なワンちゃん・猫ちゃんもリラックスして順番をお待ちいただけます。(水飲み場つき)
また、受付で携帯番号など必要事項を記入していただければお車の中でお待ちいただくこともできますので、お気軽にご相談ください。(駐車スペース23台分)

では、また。

つだ動物病院院長の津田航でした。