外で出る猫ちゃんは猫エイズに注意!

ブログ

 

 

こんにちは、横須賀市にある「つだ動物病院」院長の津田航です。

 

当院では、外に行く猫ちゃんが病気になって来院された場合は、「猫エイズ」の検査を行います。

何故かというと「猫エイズ」を発症してしまうと、免疫力が低下し、ちょっとしたことで病気になりやすくなるからです。

「猫エイズ」を発症するとまずは口内炎になるケースが多く、また、貧血になります。

「猫エイズ」に感染して発症するまでの潜伏期間は、何事もなく気がつかないことが多いのですが、

具合が悪く来院された時には実は「猫エイズ」に感染し、発症していたという事例も多数あります。

そして「猫エイズ」を発症してしまうと、最終的には治療をいくら行っても治らず、亡くなってしまうケースが目立ちます。

このように死に至ってしまう「猫エイズ」は、どうやって感染していくのでしょうか?

一説によると野良猫の50%以上が「猫エイズ」や「白血病ウィルス感染症」にかかっていると言われています。

ですから、猫を家の外に出してしまうと、飼い主様の知らないところで感染している猫と接触をし、

「猫エイズ」になる可能性がとても高くなります。

猫は縄張りを気にするので、「猫エイズ」に感染している野良猫と喧嘩や交尾をすれば、「猫エイズ」は感染してしまいます。

最近では、飼い主様が猫ちゃんに定期的にワクチン接種し、

また、家の外へ出さない飼い方が多くなってきたので「猫エイズ」は減少してきます。

飼い主様から「ベランダに出すだけなら大丈夫ですか?」という質問をされることがあります。

野良猫はベランダにも忍び込んでくるので「飼い主様の目が届く範囲であっても外へ出さない方が安心です」とお伝えしています。

「猫エイズ」を予防するには、定期的にワクチンを接種することが重要です。

一般的なワクチンの種類は、一番コアな「3種ワクチン」がありますが、これは必ず打った方が良いワクチンです。

最近では「5種ワクチン」もありますが、こちらは「3種ワクチン」に「白血病」と「クラミジア」が加わったものです。

 

しかし、この「5種ワクチン」には「猫エイズ」のワクチンは入っていません。ですから、外へ行く猫ちゃんであれば、

「5種ワクチン」と「エイズワクチン」を接種してあげてください。

 

一番安心なのは、猫を外へ出さないこと。しかし、既に外へ出る飼い方をされている場合は、早期に検査を行い、

また「5種ワクチン」と「エイズワクチン」の接種をしてあげてください。

 

—————————————————————————————————–

横須賀・葉山・逗子エリアで動物病院をお探しなら、24時間年中無休の「つだ動物病院」へご相談ください。

 

カテゴリー