歯周病がもたらす犬の病気

 

 

こんにちは、横須賀市にある「つだ動物病院」院長の津田航です。

 

歯周病で来院されるワンちゃんは、小型犬が多く、特にダックスやプードルなどお鼻が長い犬種が多いと実感しています。

歯についた歯垢が歯石となり、さらに歯垢が付着して歯の周りの組織が炎症を起こす「歯周病」。放っておくと、さらなる深刻な病気にもつながっていきます。

歯周病が進むと細菌などが血液中に入り、敗血症になったり、細菌を吸引してしまい肺炎になってしまうケースもあります。

 

診察の際、必ず口の中(奥歯)を飼い主さんにも見てもらいます。

すると「こんなに汚れていたの…」と言う方が多くいらっしゃいます。

歯周病は歯の根元の状態を診なければいけないのでCTをすることもあります。

歯石は人間と同じで体質的なものなので何もしなくても付かないワンちゃんもいれば、きちんとケアをしてもすぐに付いてしまうワンちゃんもいます。

 

 

歯磨きを楽しい習慣にし、毎日続けていくことが大切です。

歯ブラシを使用することが好ましいですが、最初は抵抗がある子も多いため、簡単なケアから焦らずに少しずつステップアップすることが大切です。十分なケアができるようになるのには根気も必要になります。

定期的に口腔内チェックをして歯周病にならないようにしてあげましょう。