犬や猫のこんな嘔吐には要注意!

犬猫の病気や症状

 

こんにちは、横須賀市にある「つだ動物病院」院長の津田航です。

 

梅雨が明け、いよいよ暑さの厳しい時期になりました。飼い主様におかれましては、愛犬や愛猫と一緒に毎日を元気に楽しくお過ごしでしょうか。

 

犬や猫は、よく嘔吐をする動物だと言われています。特に夏の暑い時期になると、犬や猫の「嘔吐」と「下痢」は、よくみられる症状です。そこで、今回は「嘔吐」を、次回は「下痢」を取り上げて、原因や予防法などについてのお話をしたいと思います。

 

 

嘔吐は、人はもちろん犬や猫にもよくみられる症状ですが、裏にはさまざまな原因が潜んでいるため、嘔吐というだけで原因を見極めるのは、とても難しいです。嘔吐を分類すると、次の2つに分けることができます。

 

(1) 中枢性の嘔吐

脳にある嘔吐中枢が、直接的に刺激されて起こる嘔吐です。

脳の外傷、脳腫瘍や、乗り物酔い、尿毒症、肝不全などが原因となって起きます。

 

(2) 反射性の嘔吐

消化器などの臓器から発生した信号が脳に達し、嘔吐中枢が刺激されて起こる嘔吐です。

毛玉の嘔吐、胃腸障害、膵炎、激しい疼痛などが原因となって起きます。

 

中枢性であれ反射性であれ、いずれにしても胃の中にある物を吐き出す現象を嘔吐と言います。そのため、犬も猫も、吐く際には下を向いてウッウッといった感じで肩を上下させ、お腹の辺りの力を振り絞って苦しそうに胃や小腸の上部から吐き戻します。吐瀉物の中には、胃液や胆汁などの消化液や、消化途中の食べ物がみられます。

 

食べた直後に、胃に到達する前の未消化の物が粘液で覆われたような状態で吐き出されることもありますが、これは吐出(としゅつ)と言い、嘔吐とは別の症状になります。吐出の場合は、口腔・咽頭・食道に原因のあることが多いので、吐出であっても繰り返す場合は、きちんと動物病院に連れてきてください。

 

なお「うさぎ」は、胃の幽門と噴門が接近しており、かつ幽門括約筋の構造が犬や猫とは異なるため、基本的には嘔吐することができません。うさぎが吐き戻した場合は、そのほとんどが吐出だと考えられます。

 

 

嘔吐の中には、動物病院に連れて行かなくてもご家庭で様子をしっかりみていれば大丈夫な嘔吐と、動物病院で診てもらわなければ危険な嘔吐があります。犬や猫が突然嘔吐した場合、すぐに元気になり、いつも通りの様子で食欲もあるような場合は、その後の様子をしっかりと観察していれば、あまり心配する必要はないでしょう。

 

犬や猫は、胃酸過多などで胸焼けを起こすと草を食べ、その刺激で胃の中に溜まっている物や余分な胃酸を吐き出そうとしていると言われています。そのため、草を食べて嘔吐した場合も、犬や猫に対して中毒性のある植物でない限り、心配する必要はありません。

 

また、起床した直後や食事の前などに、白い泡や黄色っぽい液体のみを嘔吐した場合は、空腹が原因かもしれません。白い泡は、透明な胃液が泡状になった物で、黄色っぽい液体は胆汁です。いずれも、胃が空っぽで逆流したものと考えられます。こういう場合は、食事の量を小分けにして、回数を増やすにようにしてあげると良いでしょう。

 

吐いた後に元気のない状態が続く場合は、病気が原因である可能性が高いので、注意が必要です。特に下記のような場合は危険度が高いので、動物病院に連れてきてください。

 

・嘔吐を繰り返す

1日に何度も嘔吐を繰り返す場合はもちろんですが、嘔吐が1日1回だったとしても、それが何日も続く、または1週間のうちに何日も嘔吐するような場合は病気が疑われます。

 

・吐瀉物に血が混じっている

吐瀉物に赤いものが混じっている場合は、出血が疑われます。特に、真っ赤な鮮血ではなく、どす黒い色の場合は重篤な潰瘍や腫瘍の場合もありますので、何を吐いたかをしっかりと観察することも大切です。

 

・吐瀉物が便のようなにおいをしている

吐瀉物のにおいが便のようだという場合は、腸閉塞の可能性が高いです。腸閉塞はとても危険な状態なので、すぐ動物病院に連れてきてください。

 

・嘔吐だけではなく、他の症状も伴っている

苦しそうに背中を丸めているようならば、腹痛を起こしている可能性があります。激しい下痢も起こしている場合は、急激な脱水によるショック症状を起こす危険性が高いです。しばらくおしっこが出ていない場合は尿毒症を起こしている可能性が高く、やはり危険性が高い状態です。

 

 

嘔吐を起こす具体的な原因としては、下記のようなものがあります。

 

・食べ方や食べた物に問題がある場合

急いでガツガツと食べた、一度にたくさんの量を食べ過ぎた、急に食事の内容を変えた、中毒性のある物や薬物、異物を食べた等

 

・胃の病気

胃炎、胃潰瘍、腫瘍、幽門部の狭窄、胃捻転等

 

・小腸の病気

腸炎、腸捻転、寄生虫等

 

・腹腔内の病気

膵炎、腹膜炎、腫瘍等

 

・代謝性の病気

腎不全、肝不全、糖尿病、副腎皮質機能低下症等

 

・ウイルス性の感染症

犬パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス性腸炎等

 

・ストレスなどが原因となっている場合

空腹な時やストレスを感じている時も、胃酸過多になるので嘔吐を起こします。ストレスの場合は、さらにその原因を究明して取り除かなければなりません。ストレスの原因は、心因性のものが全てではありません。たとえば、骨や関節などを痛めており、その痛みがストレスの原因となっている場合もありますので、愛犬や愛猫の様子を注意深く観察することが大切です。

 

これらの原因を探るために、動物病院ではいくつかの検査を行います。できるだけ速やかに原因を究明するためには、飼い主様から教えていただく情報がとても重要な鍵になります。嘔吐の症状で愛犬や愛猫を連れてきてくださった飼い主様には、次のようなご質問をさせていただきます。下記の内容をできるだけ意識して観察していただけると助かりますので、ご協力をお願いいたします。

 

・何をどのくらいの量吐きましたか

・どのくらいの頻度で、何回くらい吐きましたか

・嘔吐した前後の様子はどうでしたか

・急に食事の内容を変えたりしていませんか

・普段の食事以外の物(薬や食べ物以外も含む)を誤食した可能性はありませんか

・嘔吐以外の症状はありますか。それはどのような症状ですか

・吐瀉物から変なにおいがしませんでしたか

 

 

グルーミングにより飲み込んだ毛が胃の中に溜まると、それが毛玉となって吐き出されることで毛球症が予防できます。そのため、特に猫の飼い主様は「吐くのは当たり前」だと考えておられることが多いようです。

 

しかし、嘔吐にはさまざまな原因があり、中には命に関わるような病気が潜んでいることも少なくありません。愛犬や愛猫が嘔吐することに慣れてしまわずに、その前後の様子や吐瀉物をよく観察し、おかしいと感じたら迷わずに動物病院に相談してください。

 

また、愛犬や愛猫の食事内容にはよく注意をし、内容を変更する場合にも急に全てを変えてしまうのではなく、少しずつ変えていきながら様子を見ていくようにしてください。暑い夏場は食事が傷みやすいので、保管にも気をつけましょう。

 

さらに、人にとっては普通の食べ物でも、犬や猫に中毒を起こさせる食材がたくさんあります。薬や歯磨き粉のような物も、犬や猫には危険です。観葉植物にも、犬や猫に中毒を起こさせる物がたくさんあります。こういった物を、愛犬や愛猫の手の届くところに置いておかないようにすることで、異物誤食のリスクを減らすことができます。

 

日頃から愛犬や愛猫の様子をよく観察し、住環境をしっかり管理することで、愛犬や愛猫が健やかに長生きできるようにサポートしてあげましょう。

カテゴリー