犬や猫の診断でCTを活用

犬猫の病気や症状

 

 

こんにちは、横須賀市にある「つだ動物病院」院長の津田航です。

 

 

 

当院ではCTを導入しております。

CTはレントゲンやエコーで診断がつかない場合に威力を発揮します。

 

 

腹部は小型犬であればエコーでも診られますが、大型犬になると深い部分はエコーだと診えづらくなります。そのような場合は、CTで検査を行うことで、大型犬の腹部などの詳細情報も把握することができます。

 

先日、「腫瘍などの病気を早く見つけられないか?」と大型犬の飼い主様から相談がありました。

そこで、ご提案したのが年に一度のCT検査です。

CT image

 

ある程度の年齢になってくると

、歯周病の原因となる歯石の処置を行うワンちゃんも多くなります。歯石の処置をする際、全身麻酔を行います。

その麻酔の時に、合わせてCTでの検査を行うことも可能なのです。

歯石の処置と同時に行えば、歯石処置とCT検査を合わせて20分ぐらいで終了します。

CT検査自体は約3分程度で終わります。

CT検査で、その時は、異常が見つからなくても、健康な状態を把握しておくことで、次回のCT検査で、少しでも前回と違いがあれば、そこに病気の疑いを向けることが可能になります。

一つの目安として大型犬は病気になりやすい5歳、6歳ぐらいに一度のCT検査をおすすめします。

 

病気の予防、早期発見で大切なワンちゃんの健康管理をしてあげましょう。

カテゴリー